iTunes Store(Japan)

2007年05月31日

初恋のきた道

0418.gif初恋のきた道

1999年:アメリカ・中国 監督:チャン・イーモウ

オサゲの先に初恋の想いが宿る…。
料理で愛の告白をする少女の姿に胸がキュンとなる映画!

父の死の知らせを聞き、
都会から青年が母の住む華北の小さな村に戻ってきた。

悲しみに暮れる母の願いは伝統的な葬儀をしたいということ。

かたくなな母の姿に、息子は当時、
村で話題になった両親の恋物語を思いだすのだった…。

デビュ−作『紅いコーリャン』でベルリン映画祭金熊賞、
そして『秋菊の物語』と『あの子を探して』で
2度ヴェネチア映画祭金獅子賞を手にした
チャン・イーモウ監督の最新作。
■GAGAより■

続きを読む
posted by サクラナミン at 20:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | アジア/ワールド

2007年04月07日

少林寺

0406.gif

「少林寺」 アルティメット・エディション
少林寺
1982年 中国/香港 監督/チャン・シンイェン

中国、隋末期の動乱の時代。
李王に対抗し天下をとろうともくろむ王将軍は
人民を苦しめ暴虐の限りをつくしていた。

小虎も父親を王に殺されたことを恨み
その復讐を果たそうと王の軍にはむかう。
しかしそこは多勢に無勢、大怪我を負わされ
小虎は命からがら逃げ延びた。

瀕死の小虎は通りすがりの少林寺の僧侶に助けられ、
師父の配慮で修行僧として少林寺に入ることとなった。

しかし、王将軍への憎しみを捨てきれないまま
ろくな武術も教えてもらえない不満から寺を飛び出すのだが
不運にも王軍に捕らえられていた師父の娘を助けたことで
再び寺に戻り、そして今度こそ日々訓練に勤しむのだった。

李王と小虎を追い、とうとう少林寺にも
王将軍の手が及び寺の存続の危機が訪れる。
悪をなくすためであればと
僧たちに戦うことを許した師父であったが
一瞬の隙をつかれ王の軍に殺されてしまった。

小虎は李王と共に復讐を果たすべく
王将軍に最後の戦いを挑むのだった...。



記念すべきリー・リンチェイの映画大出世作。
先ほどBSで放映、またしても見てしまいました。

中国という国は大きいですね。つくづく。
延々と砂漠を馬で走り続け、追っ手から逃げるシーン。
これでもかというくらいのスケールの大きさ、圧巻です。続きを読む
posted by サクラナミン at 00:36 | Comment(1) | TrackBack(1) | アジア/ワールド

2007年04月01日

花様年華

0401.gif

花様年華
花様年華
2000年 香港 監督/ウォン・カーウァイ

1962年香港。
薄暗いアパートの一室に
新聞社に勤めるチャウ(トニー・レオン)が
妻と共に引っ越してきた。
また時同じくしてチャン(マギー・チャン)が夫と隣の部屋に越してくる。

チャウとチャン、それぞれの伴侶は仕事で家を空けることが多く
それがきっかけで親近感を持つようになった。

ある日彼らが一緒に食事をしたところ
どうやらチャウの妻とチャンの夫が浮気をしているらしいことを
2人は悟った。

チャウとチャンはお互いの孤独な想いを慰め合うかのように
次第に親密になり禁断の愛へと落ちていくのだった。


洋画に比べ
アジア映画を見ることがかなり少ない私なのですが
この映画は見たとき強烈な衝撃を受けたのを覚えています。

正直に言いまして、まず第一に意味がわからない。
不倫とか友達の恋人だとか
そういう恋愛に身をおいたことがないから
余計そうなのかもしれませんがもうやだ〜(悲しい顔)

この最大のテーマの一つに共感できないのが
非常に残念です。

それからこの独特な映像の見せ方、作り方。
(多少しつこさが...)
他の作品を見てみないと一概には言えませんが
ちょっと私好みではないかも.....スミマセンたらーっ(汗)

続きを読む
posted by サクラナミン at 13:36 | Comment(3) | TrackBack(3) | アジア/ワールド

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。