iTunes Store(Japan)

2007年07月23日

皇帝ペンギン

0723.gif皇帝ペンギン -La Marche de l'empereur-

2005年:フランス 監督:リュック・ジャケ


南極に冬がやってくる3月、
多くの生き物たちが暖かさを求めて北へ移動する中、
逆に南へと旅を始めるものたちがいた。

ペンギンの仲間の中でもっとも大きい、皇帝ペンギンたちだ。
隊列を組んで行進を始めるペンギンたちが目指すのは、
外敵が近づきにくい氷山に囲まれた土地だ。

ここでペンギンたちは、お互いのパートナーを見つけるための
求愛行動を始める。

5月末、産卵を終えたメスたちは卵を自分のパートナーに託し、
100キロあまり離れた海へ向かう。
自分とこれから産まれるヒナのための餌を求めて。
■GAGAより■

続きを読む
posted by サクラナミン at 18:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 伝記・ドキュメンタリー

2007年03月26日

ウォーク・ザ・ライン 君につづく道

0326.gif

ウォーク・ザ・ライン 君につづく道
ウォーク・ザ・ライン 君につづく道
2005年 アメリカ 監督ジェームズ・マンゴールド

アメリカの片田舎で貧しい暮らしをしていたジョニーは
ラジオのゴスペル音楽をきくのが大好きな少年。
酒癖の悪い父におびえながらも
仲の良い兄と家の畑仕事を手伝いながら過ごしていた。

あるとき兄が事故で急死、長男を失ったショックで
父との確執はより一層広がり
入隊を機にジョニーは家を出たのだった。

結婚をし、子供をもうけてからも貧しい生活は続く。
しかしバンド仲間と受けたオーディションに合格、
瞬く間に大スターへと成長した。

ツアー続きで家を空けることが増え、
家族との関係も冷え切ってしまったジョニーは
少年時代からの憧れだったカントリー歌手
ジューン・カーターに出会い、恋に落ちた。

しかしお互い家族のいる身。愛に臆病なジューンと
ドラッグにおぼれては人を傷つけてしまうジョニーが
長い年月をかけてその愛をはぐくんでいく。



リーズ・ウィザースプーンがアカデミーを獲ったということで
前々から観たいと思っていたのですが
ようやく夢果たしました(笑)

モデルになっているこの
ジョニー・キャッシュ&ジューン・カーターについて
私は全く予備知識なく観たのですが.....

やはりドラッグに溺れてしまうんですね。
時代の背景的には仕方ないのでしょうか?

ただ、無視されても無視されても
十数年その想いを貫き通したのがジューンではなく
ジョニーだったところにグッときました。
そんなに一途なロックンローラーがいたとは。

それと父親に愛されたいという想いを素直に
伝えられないもどかしさも涙を誘います。
親子愛には弱いもので。

歌はすべて吹き替えなしということですが、
ホアキンもリーズも歌も演技も
存在感があってよかったと思います。

ウォーク・ザ・ライン/君につづく道@映画生活

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

B000HOL7REウォーク・ザ・ライン 君につづく道
ホアキン・フェニックス ジェームズ・マンゴールド リーズ・ウィザースプーン
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2006-10-27

by G-Tools

posted by サクラナミン at 18:30 | Comment(0) | TrackBack(2) | 伝記・ドキュメンタリー

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。