iTunes Store(Japan)

2007年05月08日

ホーンテッドマンション

0430.gifホーンテッドマンション 特別版
2003年:アメリカ 監督:ロブ・ミンコフ

不動産業者のジムは、共同経営者の妻サラと2人の子供とともに
入り江にたたずむ大邸宅を訪ねる。

主人から屋敷を売却したいと連絡があったのだ。

壮麗なゴシック風の邸宅で、
出迎えてくれたのは執事のラムズリー。

ジム達は勧められるまま主人エドワードと夕食をとるが、
突然の大雨で足止めをくらい、屋敷で一夜を過ごすことに…。

■Gagaより■

続きを読む
posted by サクラナミン at 22:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | オカルト&ホラー

2007年03月17日

ダーク・ウォーター(『仄暗い水の底から』)

0317.gif

ダーク・ウォーター
2005年 アメリカ 監督/ウォルター・サレス

原作・鈴木光司『仄暗い水の底から』のハリウッドリメイク版。

離婚調停中で、娘セシリアの親権を夫と争っているダリアは
家賃が安く娘の学校からほど近いルーズベルト島に越してきた。

新しく借りたアパートはひどく古びており、
天井から水漏れがしている始末。
管理人に修理を頼んでもラチがあかない状況の中、
夫との仲は険悪化、加えて娘のセシリアまでが
奇妙な事を口にし始めるようになる。

ダリアの精神状態も極限に達していた。
そして徐々に身の回りに不可解な事が次々に起こり始め......。



昨夜、WOWOWでやってました三日月
『仄暗い水の底から』のリメイク版だとは
最後まで気付かずに観てましたちっ(怒った顔)

ただし元の↑は実はまだ観た事がありません。
なので比較という点ではかなり曖昧な評価となっていますダッシュ(走り出すさま)

まず、“ウォーター”というだけあって全編にわたって『』。
屋外も屋内も、とにかく水、水、水です。

しばらく観てると

『うん分かったよ、水なんでしょ.....たらーっ(汗)

と一瞬頭をよぎります。

でも『仄暗い〜』のリメイクだと考えれば、
なるべくしてああなったのだと納得です手(グー)

そして何より特筆すべきはジェニファー・コネリーの演技ぴかぴか(新しい)

自分のトラウマに悩まされながらも、
精一杯の愛情を娘に注ごうと闘いつづけるその強い母の姿が
トーンの暗い映像とうまくシンクロして、最大限に表現されていると思います。

それと合わせて、
『うわっがく〜(落胆した顔)』という怖さも散りばめられています。
ジャパニーズホラー特有の“恐怖”の見せ方は
結構忠実に再現されてるんじゃないかとドコモ提供

エンディングはきっとそうなんだろうなと
予測がついてしまったので、ちょっぴり評価が低めですが雨

何はともあれ、本家を観てみないと.....というところですが
なかなか噛みごたえのある、おもしろい作品だったと思いますわーい(嬉しい顔)

ダーク・ウォーター プレミアム・エディション (初回限定生産)ダーク・ウォーター プレミアム・エディション (初回限定生産)
ジェニファー・コネリー ウォルター・サレス アリエル・ゲイド

by G-Tools


ダーク・ウォーター@映画生活

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
posted by サクラナミン at 20:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | オカルト&ホラー

2007年03月10日

(S・キング+デ・パルマ)×超能力

0310.gif

キャリー
1976年アメリカ 監督/ブライアン・デ・パルマ

学校では意地悪な同級生にいじめられ、家では厳格で狂信的な母親にいじめられ....逃げ場もなくただ日々を耐え忍ぶ高校生キャリーもうやだ〜(悲しい顔)

ある日、自分の超能力に目覚めたキャリーが学校のプロムパーティーで壮絶な惨劇と直面してしまうのですがく〜(落胆した顔)

まだペーペーだったデ・パルマ監督が天下のスティーブン・キングの小説を映像化したオカルトホラーです。

「オーメン」、「ローズマリーの赤ちゃん」と並ぶ私のお気に入り作品(お気に入りって...ドコモ提供

どうなるの、どうなるの?というストーリーに加え、描写的にも音楽的にも恐怖感を最大限に引き出した演出、やりきれない思い・刹那さと、最終的には“笑い”まで引き起こすという(私だけでしょうか)お腹一杯テンコ盛りな作品なんです。

“今日はホラーが見たいなぁ”と思ったら、それは「キャリー」の日黒ハート

あれ!?ジョ、ジョンexclamation&question

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ

『キャリー』のご購入はコチラ

キャリー@映画生活
posted by サクラナミン at 19:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | オカルト&ホラー

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。