iTunes Store(Japan)

2007年07月23日

皇帝ペンギン

0723.gif皇帝ペンギン -La Marche de l'empereur-

2005年:フランス 監督:リュック・ジャケ


南極に冬がやってくる3月、
多くの生き物たちが暖かさを求めて北へ移動する中、
逆に南へと旅を始めるものたちがいた。

ペンギンの仲間の中でもっとも大きい、皇帝ペンギンたちだ。
隊列を組んで行進を始めるペンギンたちが目指すのは、
外敵が近づきにくい氷山に囲まれた土地だ。

ここでペンギンたちは、お互いのパートナーを見つけるための
求愛行動を始める。

5月末、産卵を終えたメスたちは卵を自分のパートナーに託し、
100キロあまり離れた海へ向かう。
自分とこれから産まれるヒナのための餌を求めて。
■GAGAより■

梅雨明けするのか、しないのか?
すっきりしない天候に振り回されて
毎日汗をかきながらぐったりしております。

そんな気分を一新するべく、
見た目にもヒンヤリ涼しくなろうと
南極の映像を選びました。

20日にリリースされた
『ハッピーフィート』のレンタルを前に
実写にてその生態系を予習。
圧倒的な自然の力とスケールに
ただただため息が出るばかりでした。

同じように、生き物のリアルな映像を
ドキュメントで表現した『WATARIDORI』でも
あまりの美しさと、それゆえのはかなさを
思う存分堪能できますが、
この作品では彼ら皇帝ペンギンたちの
途方もなく長い旅の全てが
一人称の語り口で観ることが出来ます。

計り知れない自然の脅威と共に生き、
それがまるで心地よいかのごとく
生命の輪廻を謳歌する。
彼らはまさに“皇帝”の名にふさわしい
地の果ての主であると再認識させられます。

できれば大スクリーンで観られたら最高☆
スケールの大きさに鳥肌がたつこと間違い無しです。

それにしてもペンギンって、
2足歩行と匍匐前進、どういう使い分けなんだろう・・・?
皇帝ペンギン@映画生活

ドコモ提供ポチッと1クリックの応援お願いしますドコモ提供
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ブログランキング
posted by サクラナミン at 18:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 伝記・ドキュメンタリー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/48992052
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。