iTunes Store(Japan)

2007年04月21日

キンキーブーツ

0421.gifキンキーブーツ
2005年:アメリカ/イギリス 監督:ジュリアン・ジャロルド

「どうしたらいい?」が口グセの優柔不断なチャーリーは、
突然の父親の死で靴工場を相続する。

しかしその直後、工場が実は倒産寸前だと判明!
どうにか工場を救いたい彼のもとに舞い降りた天使は・・・
ドラッグクイーンのローラ(♂)だった。

小さな女性用の靴を
無理矢理はいている彼女を見たチャーリーは、
伝統的な紳士靴の製造から男性用セクシーブーツ製造へと
工場の方向転換を図る。

はたして保守的な職人たちは
2人の大胆な改革についていけるのか!?  ■Gagaより■

後世に残る名作中の名作...ではありませんが
個人的に好きか嫌いかで判断し

結論:大好き。

まず、主役の俳優が単純に好み黒ハート
あのどうしようもなく気弱そうな表情、(Joey風に)ナーイス手(チョキ)

4代続いた由緒ある紳士靴屋という設定もナイス。
あんなに自信がなく、優柔不断で
田舎暮らしから抜け出したいと願ってるチャーリーなのに
それでいて靴を作れば、ちゃーんと最初から最後まで
一人で出来ちゃう。

行き場のない大量の靴を格安で買ってもらおうと
別の靴工場に赴いた際も、

『ウチのは一生もんだぞ!』

と、きっぱり言い切れる潔さ。
かっこいいですよね、生粋の靴屋って感じ。

そういうチャーリーの繊細だけど大胆な人間性を
俳優ジョエル・エドガートンが独特の表情で魅せてくれます。

それにしても紳士靴から
ドラッグクィーン用ブーツへの転向だなんて...ひらめき
ニッチもニッチ、超ニッチな市場をよく思いついた!

世の中悪いもんじゃないと見終わったあと素直に思える
そんなハートウォーミングなこの作品、
実話を元に描かれているそうです。おすすめパンチ

追記:『フルモンティ』『リトルダンサー』が好きな人には特に◎♪

キンキーブーツ@映画生活

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
タグ:DVD 映画
posted by サクラナミン at 22:38 | Comment(4) | TrackBack(0) | ヒューマンドラマ
この記事へのコメント
こんにちは。
先ほどは当ブログにお越しいただき、コメントもいただきありがとうございました!
私もこの映画好きです〜♪
役者の演技もキラリと輝いていたような気がしました!
ホント、オススメ映画だと思っています☆
Posted by らむ at 2007年04月26日 23:05
こんばんは★ご訪問ありがとうございます!
いいですよね〜これ。
久しぶりに素敵な作品に出会えた感じです。
またいつでも覗いてくださいね、私もおじゃまします♪
Posted by らむさんへ♪ at 2007年04月30日 20:26
どうもこんばんはー!
ブログにお越しいただいてどうもありがとうございました(^^)

いやぁ〜ホントいい映画でしたよねぇ!
まさしく私も世の中悪いばかりじゃないよなーって思いました。
あまりすごい有名な役者さんじゃなかったように思うのですが(自分が知らないだけだったりして笑)、みんないい演技してましたよね〜♪

それではー失礼します。
Posted by しろくろ at 2007年05月20日 23:30
こんにちは★
ご訪問いただきありがとうございまーす!
またそちらもちょくちょく覗かせていただきますね♪
ではでは。
Posted by しろくろさんへ♪ at 2007年05月21日 16:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。