iTunes Store(Japan)

2007年04月03日

ライアーライアー

0403-2.gif
ライアー ライアー デラックス・エディション
ライアーライアー
1997年 アメリカ 監督/トム・シャドヤック

今日もクライアントのために、そして自分のために
法廷で嘘を並べ立てる弁護士のフレッチャー。
仕事では口八丁で勝訴を勝ち取るやり手だが、
私生活では妻と離婚し愛する息子マックスとも週末しか会えない。

その日もフレッチャーは仕事を理由に
マックスの誕生日パーティをすっぽかしてしまう。

大好きなパパに会えず落ち込んだマックスは
ロウソクの火を吹き消して願い事をした、
“たった1日でいいからパパが嘘をつけませんように”。

翌朝、意気揚々と仕事に現れたフレッチャー。
ところがいつもは嘘でごまかす場面で思わず
本音を口にしてしまったのだ。

何をしゃべっても本当のことを言ってしまう!
フレッチャーはマックスがかけた願い事のせいで
全く嘘がつけなくなっていたのだ。

おかげで裁判ではさんざんな結果に。
困り果てたフレッチャーはマックスが願い事をしたことを知り
もう一度願いをかけなおしてもらおうと
マックスに頼み込むのだが...。


ジム・キャリーの超ハイテンションコメディ
パワフル全開です台風

よくもまぁあんなに顔がゆがんだり縮んだり
人間業とは思えません。
インチキくさい弁護士という職業を
勢いパフォーマンスで面白可笑しく表現しています。

ストーリー自体は、
いくら何でもそれはないっていう設定なのですが
子役があまりに可愛くてドコモ提供
あの髪型がいい、たまらなくいいです。

人間、いちばん何が大切で何を必要としてるのか
それに気づけばきっと幸せになれる、という
非常にわかりやすーいテーマを
ジム・キャリーがアドレナリン200%で演じきっています。
うっかりしてると泣いちゃうかも。

ライアーライアー@映画生活

にほんブログ村 映画ブログへ banner_03.gif ブログランキング

ライアー ライアー デラックス・エディションライアー ライアー デラックス・エディション
ジム・キャリー トム・シャドヤック モーラ・ティアニー

by G-Tools
posted by サクラナミン at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | コメディ/ラブコメディ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。