iTunes Store(Japan)

2007年03月26日

ウォーク・ザ・ライン 君につづく道

0326.gif

ウォーク・ザ・ライン 君につづく道
ウォーク・ザ・ライン 君につづく道
2005年 アメリカ 監督ジェームズ・マンゴールド

アメリカの片田舎で貧しい暮らしをしていたジョニーは
ラジオのゴスペル音楽をきくのが大好きな少年。
酒癖の悪い父におびえながらも
仲の良い兄と家の畑仕事を手伝いながら過ごしていた。

あるとき兄が事故で急死、長男を失ったショックで
父との確執はより一層広がり
入隊を機にジョニーは家を出たのだった。

結婚をし、子供をもうけてからも貧しい生活は続く。
しかしバンド仲間と受けたオーディションに合格、
瞬く間に大スターへと成長した。

ツアー続きで家を空けることが増え、
家族との関係も冷え切ってしまったジョニーは
少年時代からの憧れだったカントリー歌手
ジューン・カーターに出会い、恋に落ちた。

しかしお互い家族のいる身。愛に臆病なジューンと
ドラッグにおぼれては人を傷つけてしまうジョニーが
長い年月をかけてその愛をはぐくんでいく。



リーズ・ウィザースプーンがアカデミーを獲ったということで
前々から観たいと思っていたのですが
ようやく夢果たしました(笑)

モデルになっているこの
ジョニー・キャッシュ&ジューン・カーターについて
私は全く予備知識なく観たのですが.....

やはりドラッグに溺れてしまうんですね。
時代の背景的には仕方ないのでしょうか?

ただ、無視されても無視されても
十数年その想いを貫き通したのがジューンではなく
ジョニーだったところにグッときました。
そんなに一途なロックンローラーがいたとは。

それと父親に愛されたいという想いを素直に
伝えられないもどかしさも涙を誘います。
親子愛には弱いもので。

歌はすべて吹き替えなしということですが、
ホアキンもリーズも歌も演技も
存在感があってよかったと思います。

ウォーク・ザ・ライン/君につづく道@映画生活

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

B000HOL7REウォーク・ザ・ライン 君につづく道
ホアキン・フェニックス ジェームズ・マンゴールド リーズ・ウィザースプーン
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2006-10-27

by G-Tools

posted by サクラナミン at 18:30 | Comment(0) | TrackBack(2) | 伝記・ドキュメンタリー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36922195
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

★「ウォーク・ザ・ライン/君につづく道」
Excerpt: 久しぶりのTOHOシネマズ川崎で鑑賞。 相変わらず、土曜のレイトショウでもすきすきの映画館。 0:50からの上映だったので5〜6人くらいしかいなかったよっ。 しかし、2005年のアカデミー賞に5..
Weblog: ひらりん的映画ブログ
Tracked: 2007-03-27 13:11

ウォーク・ザ・ライン 君につづく道
Excerpt: 先日観た『アイデンティティー』がとても面白かったので、同じジェームズ・マンゴールド監督のこの映画が、WOWOWで放送されて嬉しいなぁ〜【story】伝説のミュージシャン、ジョニー・キャッシュ(ホアキン..
Weblog: ★YUKAの気ままな有閑日記★
Tracked: 2007-04-12 19:56
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。