iTunes Store(Japan)

2007年03月07日

春は旅立ちの季節です

0307-4.gif

グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち 
1997年アメリカ 監督/ガス・ヴァン・サント


今日は結構暖かかったですよね。何となく春の訪れを感じたので、春=旅立ちの季節 にふさわしい作品にしてみました。

出演は脚本も手掛けたマット・デイモンとベン・アフレック、そして魂の教師役をやらせたら右に出る者はいないロビン・ウィリアムズです。

アインシュタイン並みの頭脳を持ちながらも自身の暗い過去から逃れられず心を閉ざしたままの青年ウィル(マット)が、ロビン演じるセラピストのショーンそして友人達との絆を深めることで人生を切り開いていくお話。

突然ですが上記の様に、サクラナミン的評価をビジュアル化してみました。

〔笑える〕が1なのは、ベン・アフレック+ジャージ姿というチンピラ風貌があまりにハマっていて可笑しいのでつけてみました。〔号泣〕はそこそこなので3ですね、しっとりじんわり来る感じです。〔心に響く〕は4、セラピストのショーンがウィルを公園に呼び出して最初に説教するシーン、「よくぞ言ってくれた!」と叫びたい。最後に〔何かイイ〕という欄ですが、、“天才はセクシーである”という勝手な評価も加わり3つけさせてもらいました。

というわけで総合評価を4!参考になるのやらならないのやら映画とにかくおススめなんで見てくださいね。


グッド・ウィル・ハンティング〜旅立ち〜の購入はコチラ  グッド・ウィル・ハンティング〜旅立ち〜@映画生活
posted by サクラナミン at 01:38 | Comment(2) | TrackBack(1) | ヒューマンドラマ
この記事へのコメント
今晩は!コメントTBありがとうございました。
エコーさせていただきますね、この作品脚本もすばらしかったけど
それに答える俳優さんたちも凄いですよね、ロビンもすばら
しかったです。
ほんとお医者さんを演じさせたら右に出るものはいないよね
「レナードの朝」のかれも印象的な役でした。「9ヶ月」
ではゲスト出演だったけどあの短い間で大笑いさせられました
彼ほどのレベルのコメディ俳優があまりいないのが残念ですね
Posted by せつら at 2007年05月20日 17:45
せつらさん、こんばんは★
そうそう、ロビンは
『レナードの朝』もいいですよね!
何かで“笑いながら泣く俳優”って言ってましたが
うーん、確かにそうかも。
先生役の『いまを生きる』も好きな作品です。
Posted by せつらさんへ♪ at 2007年05月20日 20:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

『グッド・ウィル・ハンティング』
Excerpt:  制作年:1997年  制作国:アメリカ  上映メディア:劇場公開  上映時間:127分  配給:松竹  監督:ガス・ヴァン・サント  主演:マット・デイモン     ロビン・ウィリアム..
Weblog: La.La.La
Tracked: 2007-05-20 17:40
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。